篝火スタンド"solo"

01.jpgアウトドアで小枝などを拾い焚火をする時に使用する道具(単独行用)。
道具を選別し限りなくスリムなパッキングを要する単独行でも心のゆとりと遊び心をもって焚火を楽しむための道具です。バイクや自転車でのツーリング時に最適です。

ご注文はコチラからどうぞ
  • 材質: 本体/SUS304 0.8mm、収納ケース/SUS430 0.5mm
  • 使用サイズ:φ177mm xH180
  • 収納サイズ:106mm x206mm x17mm
  • 重量:プレート6枚340g、ケース280g
  • セット内容:プレート6枚、収納ケース1個、取扱説明書1枚
  • 販売価格:6,900円(消費税込)
※仕様及び材質は予告無く変更する場合がございます。
※送料は当方で負担いたします。ただし、日本国内の発送に限らせていただきます。

06.jpg

分割式パネル構造
燃焼室は6枚の分割されたパネルで構成されています。
各パネル左のツメをスリットに入れて結合してください。
スリットに差し込んだ後、ツメ側のパネルを下方にずらす事で、しっかりとはまります。
燃焼前にはまり具合をしっかり確認してください。
※現在発売中のものはパネルがヘアライン加工となっています。写真は旧タイプのつや消し加工となっております。

4-1.jpg

snowpeak社製ソリッドステークを脚部に使用
本体の結合が完成したら、ペグ[ソリッドステーク20]を写真のように取り付けて行きます。パネルの外側の上段の穴からソリッドステークを差し込み、パネル一枚を飛ばし下段の穴から外側に出します。ソリッドステークの返し部分は中段の穴にしっかり差し込んでください。

11.jpg

逆六角垂構造/豊富な空気孔
正六角形構造の燃焼室には、脚部装着用の穴が空気孔の役割も果たします。
上から見ると、写真のようになるようになります。
時計回りの方向にソリッドステークを差し込んで行く形になります。(逆周りには差し込む事はできません)

07.jpg

収納ケースが灰受けに
ステンレス製の収納ケースを灰受けとしてお使いください。
灰受けは本体から落ちる灰を受け取るものであり、遮熱の効果はありませんので、ご注意ください。
※ケースは熱により変形する事があります。

08.jpg

燃料は枯れた小枝
篝火スタンド"solo"は一人用の焚火ツールですので、大きな薪は入りません。
フィールドで枯れ枝を拾って燃やすのに最適です。
写真のように、ケースとフタを並べ、その上で使用する事もできます。 

12.jpg

コンパクトな収納性
ケースにはソリッドステークも一緒に収納できコンパクトになります。
※ソリッドステーク20は、スノーピークの製品ですので、等サイトでは取り扱っておりません。
お近くのショップ、もしくはオフィシャルサイトでご購入ください。

カテゴリ/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 篝火スタンド"solo"

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eastvalleys.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/17

コメントする

アーカイブ