プチパパチャリ旅

11071101.jpg毎年参加しているSPWに、自転車で行ってきました。 自宅から会場までの距離はたぶん40kmくらい。距離はさほどでもないが、途中「毛無山」を越えなくてはならない。 荷物は、テントや寝袋、最低限の煮炊きできる道具だけで約10kg。普段通勤にしか使っていない、シンプルなクロスバイク風パパチャリ(形はそれっぽいけど、性能はママチャリ程度という事で、こう呼んでます)には、荷台も何も無いので、道具をザックに入れ、背中に背負っての旅となりました。 現地で飲みたいビールは、同じくSPWに参加するgalleonさんにお願いしました^^。

いつもは、車にキャンプ道具を積んで行くのですが、今回はなんとなく、違うスタイルを楽しみたいな・・・と思い、周囲の反対を押し切って(笑)、強行を決定。
予定では、朝涼しい時間帯に出発を・・・のはずが、仕事が押して、スタートは12:45となりました。
天神側からのスタートで毛無峠に挑んだんですが、いきなりの急勾配に早くもくじけそうに・・・。
途中、同じくSPW参加のRYOさんから、自転車キャリア搭載の車で「ピックアップするよー」と悪魔(?)のメールが・・・。
メールで連絡を取り合いながら途中で合流したのが、8合目くらいのところ。
ここまできたら自力でなんとか登りきりたい・・・という欲求が勝ち、スポーツドリンクの補給だけお願いして、なんとかのぼりきりました。
11071102.jpg実は、6合目あたりから、左右のふくらはぎが吊り気味になり、右膝の間接も傷み出していて、くじける一歩手前だったので「万が一の時は、ヘルプお願い!」との保険も忘れませんでしたけどね^^。
山頂間近になると、右膝が力を入れず動かしただけでも激痛が走るようになってしまっていたのですが、心が折れる寸前になんとか超ロングな下りに突入・・・。
下りは、足を休める事に徹し、一切漕がず、途中、山中牧場のソフトクリームで、カロリーを補給し、さらにダラダラ下ってキャンプ場手前の登りに備えました。
相変わらず、右膝の痛みは治まりませんでしたが、気力でキャンプ場に到着です。
到着は16:05だったので、結果、3時間と20分のプチサイクリング終了。
後は、いつものようにキャンプを楽しみ、翌日はRYOさんの車で自宅まで送っていただきました。
来る時に下ったあの長い長い下り坂を逆に登って帰る気力も体力も僕にはありませんでした^^。

家に帰って、お風呂に入り、ゆっくり休むと、多少の筋肉疲労はあるも、右膝の痛みも治まり、普通に自転車通勤できました。

6年前に石狩新港〜蘭島間(約50km)を歩いた時のダメージよりは全然マシです。
でも、「もう一度行く?」と聞かれれば、迷わず「No」と答えます。

ご協力&ご心配をおかけした皆様、ありがとう&申し訳ありませんでした^^。

カテゴリ/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: プチパパチャリ旅

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eastvalleys.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/60

コメントする

アーカイブ