モレスキン用ペンホルダ(非売品w)モレスキンに合うペンホルダーを探していたのですが、なかなかしっくりくるものがなく、相方に「こんな感じの幅のゴム買ってくるから、こーやって縫ってもらえないかい?」と、フロアッマットを買った時に縛ってあった、マジックテープ付きリボン(写真の茶色いやつね)を使って説明してたら「え?あ?、コレピッタリだわ(笑)」となりました。 ただ表紙に巻いて、マジックテープのつなぎ目に、ペンのクリップ部分を差し込むだけ。 リボン素材は、生地が薄いので表紙に巻いても違和感全くなし。

あまりにもピッタリで、なんか、笑った(笑)

今朝、妙な夢をみていて、不意に目が覚めた。
「夢で良かった・・・」と思うと同時に、「いや、これ、どう考えても夢っしょ!」と、起きがけに口走っている自分。
カンタンに言うと、何故かボクの仕事場に大勢の人。デスクやパソコンなど、邪魔と思われるものは全部外へ出されていて、中でどんちゃん騒ぎ。
「え?鍵は?」鍵はしたはずなのだが、仕事場の裏口がお隣りの裏口と繋がっていて、みんな裏から入った模様。しかも隣りのお店(飲食店)との間の壁もこわされてしまっており、もうやりたい放題。
実際は、そんな裏口も無ければ、繋がってもいない。
そんなどんちゃん騒ぎももちろん無い。

目が覚める前に「夢だ」と気がつく事ができたら、もう少し楽しめたのにな・・・。
修行が足りん。

PB120003.jpg長年連れ添ったコンデジが息絶えました。 各所のユーザーレビュー等を見ると、それほど、良いカメラではなかったが、発売当初、コンパクトさとデザインが気に入って、触手が動くも、お財布的に厳しく(と、言っても4万円くらいだったような)、手に入れたのは、発売から約2年経った頃。コンバージョンレンズとセットで2万円。 機能的に最新機種には到底及ばなかったが、自分にとっては必要最低限の機能と、それなりに満足できる画質で、以後4年程使わせていただいた。 そして、今回、函館へのプチ旅行の際に撮影しようとしたら・・・。 で、これが、その時の写真。最後の一枚だ。 ありがとね、SP-350。で、これからよろしくGXR。

久々に更新です。
ネタは色々あるんですが、どうも自分のサイトは後回しになってしまいます。
そそ、最近twitter始めて、Facebookも一応やってます。
世の中変わった・・・というか、便利になったというか、こういうのが手軽に出来てしまう時代になった事が、自分にとって良いのか悪いのか・・・。
ボクがインターネットと出会った当時は、自宅の電話のモジュラーを引っこ抜いてパソコンに繋いで、ジーコジーコやってました。電話代の節約のために、深夜のテレホーダイ(懐かしすぎるw)使ったり、外出先では、公衆電話にモジュラー繋いだり・・・。あ、そのうち、PHSをモデムとしてモバイラー(←これも死語か?)気取りしてみたり。
で、好奇心から、自分のウェブサイト作って掲示板設置して、ネットを介して全国アチコチの方々とお友達になって・・・。あ、そうそう、ICQとかもやったな・・・。
で、ADSLが登場し、つなぎ放題が当たり前になり、日本語化される前のMovableType2.Xに出会い、ブログの可能性に心を躍らせました。
それが今、回線が光になり、動画や音楽なんかも思いのまま。スマートフォンでモバイル上等。
Facebookにtwitter・・・。テレビのチャンネルを切り替えるが如く・・・って感じです。

昔はインターネットで何かやろうとすると、ちょいちょい小さなハードルがあり、それを越える事自体が楽しかったりしました。
創意工夫の余地が大幅にある・・・というイメージで、ちょっとした事にも小さな達成感みたいなものを感じる事ができていたような・・・。

最近は、どうも、何もかもが簡単すぎる=つまらない・・・と感じでしまうんですよね。
誰かが用意してくれた既存のサービスに乗っかり、その範囲内で楽しむ・・・というモノは特にね。
達成感を感じるためのハードルをあえて設けようとすると、それは、昔に比べてかなり高いハードルにならざるを得なくて、それを越えるには、それなりの労力を要する。
もちろん、高いハードルを越えられた時の達成感とスキルアップ度合いは、以前の比ではないのだけれど、コシを落ち着け、戦闘モードに切り替えないといけない・・・。そしてその時間を確保しにくい状況になってしまっている今日この頃、ちょっと無理をして、web屋らしい事をやらなくちゃ、つまんないかも・・・と、思い始めています。
何かやろっかな・・・。


11071101.jpg毎年参加しているSPWに、自転車で行ってきました。 自宅から会場までの距離はたぶん40kmくらい。距離はさほどでもないが、途中「毛無山」を越えなくてはならない。 荷物は、テントや寝袋、最低限の煮炊きできる道具だけで約10kg。普段通勤にしか使っていない、シンプルなクロスバイク風パパチャリ(形はそれっぽいけど、性能はママチャリ程度という事で、こう呼んでます)には、荷台も何も無いので、道具をザックに入れ、背中に背負っての旅となりました。 現地で飲みたいビールは、同じくSPWに参加するgalleonさんにお願いしました^^。

アーカイブ